読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoの決して探さないでください

写真のこととか、関係ないこととか

星撮ってきました!!!

どうも、えりこです。

 

いや、こっちすごい星が綺麗で!

夜道を帰るたびにいっつも思うので、ついに親から三脚を送ってもらいました。

(先日三脚なしでチャレンジしたらゴミクズみたいになって終わりました)

 

あ、こっちはゴミみたいな方ね!

f:id:coco222:20170221231019j:plain

f:id:coco222:20170221231107j:plain

 

 

今日撮ったのは、

f:id:coco222:20170221232948j:plain

こんな感じ!

 

初日にしてはまずますのできなんじゃないかと思います。

 

三脚、というよりちゃんと星の撮り方を調べて撮ったのがでかかったですね。

 

このサイト、ちょっと長いがめちゃくちゃわかりやすかった。 

photo-studio9.com

 

シチュエーションごとにオススメの設定を書いてくれていて。

例えば、今日撮影した

「小さな星もしっかり見えるけど周囲が明るい場合」は

「ISO感3200、F3.5以下、シャッタースピード15秒」

らしいので、初めはそれに従って。

あとは好みで微調整して撮影。

 

 

でも、rawデータだとこんな感じ。

f:id:coco222:20170221233341j:plain

これだとちょっと味気ないので、macにデフォルトで入っている写真アプリでめちゃくちゃ加工しました。

 

f:id:coco222:20170221233548p:plain

現像はまじでど素人なので見よう見まねですが、こんな感じ。

 

山がなかなか綺麗なシルエットにならないのでブラックポイント最大に下げて、

縁を暗くしたかったのでシャドウ下げて、

コントラスト上げて強調して、

暗くなったぶん明るさ調整して。って感じですね。

あと、青めにしたかったのでホワイトバランスも青めに寄せました。

はい、そんな感じですね。

 

にしても、星が綺麗な住んでると毎日でも星を撮る練習ができるなんて特だなーと思いました。

ふつーは結構、わざわざ重い三脚担いで遠くまでいくのに。

 

こっちにいるうちにもうちょっとうまく撮れるようになりたいところです。

では、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

「すぐ動けるようにしておく」って大事なことだと思いました

ここ何日か前、猿にあったんです。

玄関開けたらわらわらとみんなで庭先のキンカンをつまんでて。

 

今住んでるとこ、すごく田舎なので「出るぞ出るぞ」とは言われてたんですけどね。びっくりしました。 

f:id:coco222:20170221005806j:plain

 

でも、こんなんじゃなくって!

なんだかとっても面白くて、絵になる光景だったんです。

開けた瞬間親猿も小猿も一斉にこっち見るし。こっちもあっちもすごいびっくりした顔してるし。

 

で、写真写真!ってカバン開けてカメラ出してってしてたら、案の定ちゃんと撮れる前に逃げられちゃったんです。

 

f:id:coco222:20170221010453j:plain

最後の1匹

 

f:id:coco222:20170221010459j:plain

 ぴょんっ

 

一眼レフって、いっつも持ち歩くかどうか迷うんですよね。

なんか、知らない人に「いいカメラ持ってんじゃん〜」って冷やかされたりするし、重いしがさばるし、まあ普通に、観光地でもない限り変な目で見られるし(多分私も見る)。

 

だから、その日は迷って持ってかなかった方の日なんです。

くやしかったですね。

 

で、今日の昼間はとっても風が強かったんです。もうほんと風に殺されるんじゃないかってくらい。

だから、お昼ご飯を買いに行く時、やっぱりカメラを持って行くかどうか迷いました。

風強くて写真どころじゃないだろうし、お昼買いに行くのなんてすぐそこだし。

 

でも、今日は迷ってたまたま持ってった方の日なんです。

そしたら、めちゃくちゃ可愛い2匹の子猫と1匹の親猫に会って。

 

f:id:coco222:20170221011928j:plain

もう、めちゃめちゃ可愛くないですか。

 

今日は鉢合わせた段階で首からカメラ提げてたんで、逃げられる前になんとか撮れました。

でも、なんかこういうことって写真に限らず結構あるような気がして。

 

すぐ動ける状態にしとくって大事だなっていうのと、なるべくカメラは持ち歩いて見ようかなと思いました。

で、願わくばこっちにいるうちにさるの親子も激写してやりたいと思います。

 

この写真、結構受けがよくて、今日は2枚しか投稿してないのにインスタのフォロワーが10人増えました。

でもこれでやっと70人..

地道だけど頑張ります。

 

おやすみなさい。 

 

インスタのアカウントはこれです 

www.instagram.com

被写体がない時にオススメのもの3つ

どうも、えりこです。

 

突然ですが、「うおー、カメラうまくなりたいーー練習しよ練習」ってなった時、被写体がないってことありません?

私は突然友達に「今度イベントでカメラマンやって!」って言われた時、心配だから練習したいのに、そういう時に限ってなかなか被写体がないってなってだいぶ困りました。

当時焦って探して、これ撮ってた、ってのを今日は紹介しようと思います。

 

猫カフェでひたすらを猫とる

これ、一番手軽で確実です。

 

人を撮りたい人には物足りないかもしれませんが、彼らには動きもあるし表情もあります。

f:id:coco222:20170220030141j:plain

f:id:coco222:20170220030446j:plain

f:id:coco222:20170220030155j:plain

ね!

 

もうどうしても被写体がいないとか、あまり手間をかけずに被写体を探したい人にはオススメです。

メリットデメリットは以下。

 

メリット:被写体に動きがある、確実に予定が合う、かかる手間が少ない、ついでに癒される

デメリット:お金がかかる(相場一時間1000円とか)、人間じゃない

 

ちなみに、オススメの猫カフェは池袋の299。

ワイファイ電源も使えて漫画が豊富でワンデー2000円です。

平日でもスーツにパソコンで作業してる謎のビジネスマンとかいます。 

猫カフェ【東京 池袋】猫の居る休憩所299

 

ツイッターで「#カメラマンさん募集」を探す

これ、個人的に一番オススメです。

ツイッターハッシュタグには「#カメラマンさん募集」「#カメラマンさんと繋がりたい」など、撮る側と撮られる側を繋ぐものがあります。

だいたいはコスプレイヤーさんで、みんな「併せ」(同じ作品キャラのコスプレイヤーさん同士が集まって主にスタジオで撮影する)のカメラマンさんを探しています。

 

ツイートには日程とかカメラマンの条件(「初心者ok」「照明使える方」「交通費自持ち」「スタジオ代自持ち」など)が記載されています。

それぞれですが、多いのは「カメラ使えればok」「交通費のみ自持ち」ってパターン。

場合によってはタダでスタジオとか照明が使えたりするので結構いい。

 

相当数投稿されているので比較的予定も合わせやすいです。

 

メリット:人間、募集数が多い、自己負担が少ない、相手も撮られることにモチベーションがある、スタジオで撮れる

デメリット:連絡がちょっと面倒臭い(猫に比べて)、探すのが手間、撮影は大抵丸一日潰れる

 

こんな感じ。 

twitter.com

 

③ランサーズで撮影案件を受注する

これは、手続きとか多少面倒ですが、撮影できる上にお金ももらえます。

 

ランサーズって何?って方は、多分見てもらった方が早いです。

www.lancers.jp

こんな感じで、ちっちゃいお仕事依頼がたくさん掲載されていて、その中に撮影の案件もあります。

 

プロじゃなくてもお金もらえるの?とか、仕事で練習なんて不謹慎だって声が飛んできそうですが、クラウドソーシングでは、たとえ素人でも予算とクオリティが釣り合えば、一定数の需要があります。

 

私は、「技術の向上が目的なので、報酬は交通費だけで結構です」と言って片っ端から応募してました。

実際、返信はだいたい返ってくるし、案件も受注できるし、報酬も本当に交通費だけってことは少ないです。

 

あと、「案件に合うレンズがない」と言ったら貸してくれたり、「照明の経験はない」と言っても撮影させてくれたり、「撮影任せるのは無理だけど」って撮影現場を見学させてくれたり、色々と貴重な体験をさせてもらいました。

個人的には結構好きなんですが、お金が絡む分気軽にはできないのと、ビジネス的なやりとりがちょっと面倒ではあります。

 

メリット:お金までもらえる、色々貴重な体験ができる

デメリット:連絡は結構面倒臭い、合う案件が見つかるとは限らない

 

こんな感じですね。

あと、やったことないけどめっちゃ高いが綺麗なモデルさんが撮れる「撮影会」とか、道端で声かけて撮るとかいろいろあるみたいですね。

 

ランサーズのあれこれについては、また追い追い詳しく書いてみようかと思います。 

では、おやすみなさい。

ココとか嘘です。えりこって言います。匿名ブログやめます。

ココです。なんだかんだブログを始めて一週間くらいになります。

といいますか、ココという名前で何本か書いてきましたが、続かなくなったのでやめようと思います。

今までのブログも、今朝読んだらあんまりにもつまらなかったので、全て削除しました。

 

はじめまして。えりこって言います。

中の人、えりこって言います。

本とカメラと喫茶店が大好きで、コミュニケーションが苦手な大学4年生です。

 

ただひたすらブログがバレたくなくて、「田舎」とか「講座」とかとか、ぼやぼやにぼかしたことを書いておりましたが、田舎フリーランス養成講座というものに参加して、千葉の田舎でブログやら写真やらコーディングやら、勉強しています。

 

田舎フリーランス養成講座 | 地方独立を支援する移住型体験プログラム「田舎フリーランス養成講座」の公式サイトです。

 

運悪くアクセスしてしまった2名の方、大変申し訳ありませんでした

いなフリ講座ではブログをやる人がたくさんいるので「匿名ブログははじめ読まれないからきつい」とは聞いていました。

が。想像以上にアクセスがない。

 

基本的に見栄っ張りな性格なので、アクセス数のないブログは見栄をはる必要すらなく、記事の内容はどんどん中途半端になっていくし、「とりあえず毎日書く」とか言って全然書かないし、もうひどい有様でした。

 

8日やって総アクセス数6。4回分は私の携帯なので、幸か不幸かクソつまらないブログを目にしたのは世界に2人だけです。 

f:id:coco222:20170217165528p:plain

2名の方、非常につまらない物をお見せしてすみませんでした。 

 

だって、ちゃんと作ったものを人に見せるのって辛くて辛い

一昨日、インスタグラムをはじめました。

見栄っ張りな私が人に見せるために必死で写真を撮って、必死で現像をしたら、かなり久しぶりに、あれ、これちょっと好きかもしれないと思える写真ができました。

 

そういうものを不特定多数の人間に見せる時って、ワクワクなんて生ぬるい感情じゃない。

「これ、私はとってもいいと思うのだけど、相手にとってゴミかガラクタみたいにしょうもないものだったらどうしよう」ってドキドキして緊張して、10枚の写真をアップするのに10回分そんなことを繰り返していたら昨日は信じられないくらい疲弊しました。

 

基本的に、文章とか、写真とか、ものを作るのが好きです。

でも、うまくできるまでは死ぬほど不安だしお腹が痛いし、結果的に満足いかないものを人前に出すのは世界で一番嫌いです。 

だから、私は人に物を見せるということはどんなパターンでもとりあえず辛くて辛い。

 

でも、数は少なくても、色んな人が写真を見たりコメントをしてくれるのはとっても嬉しかった。

 

一週間、誰にも読まれないブログを書いて唯一わかったのは、読んでもらうのってめちゃくちゃ大変で、読んで、言ってくれる人がいるってすごいってことです。 

 

少なくても、いなフリ講座に参加しているうちは、読んで、アドバイスをしてくれる環境があります。

なので、あるうちは、もう少し頑張ってみようかと思います。