読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoの決して探さないでください

写真のこととか、関係ないこととか

被写体がない時にオススメのもの3つ

どうも、えりこです。

 

突然ですが、「うおー、カメラうまくなりたいーー練習しよ練習」ってなった時、被写体がないってことありません?

私は突然友達に「今度イベントでカメラマンやって!」って言われた時、心配だから練習したいのに、そういう時に限ってなかなか被写体がないってなってだいぶ困りました。

当時焦って探して、これ撮ってた、ってのを今日は紹介しようと思います。

 

猫カフェでひたすらを猫とる

これ、一番手軽で確実です。

 

人を撮りたい人には物足りないかもしれませんが、彼らには動きもあるし表情もあります。

f:id:coco222:20170220030141j:plain

f:id:coco222:20170220030446j:plain

f:id:coco222:20170220030155j:plain

ね!

 

もうどうしても被写体がいないとか、あまり手間をかけずに被写体を探したい人にはオススメです。

メリットデメリットは以下。

 

メリット:被写体に動きがある、確実に予定が合う、かかる手間が少ない、ついでに癒される

デメリット:お金がかかる(相場一時間1000円とか)、人間じゃない

 

ちなみに、オススメの猫カフェは池袋の299。

ワイファイ電源も使えて漫画が豊富でワンデー2000円です。

平日でもスーツにパソコンで作業してる謎のビジネスマンとかいます。 

猫カフェ【東京 池袋】猫の居る休憩所299

 

ツイッターで「#カメラマンさん募集」を探す

これ、個人的に一番オススメです。

ツイッターハッシュタグには「#カメラマンさん募集」「#カメラマンさんと繋がりたい」など、撮る側と撮られる側を繋ぐものがあります。

だいたいはコスプレイヤーさんで、みんな「併せ」(同じ作品キャラのコスプレイヤーさん同士が集まって主にスタジオで撮影する)のカメラマンさんを探しています。

 

ツイートには日程とかカメラマンの条件(「初心者ok」「照明使える方」「交通費自持ち」「スタジオ代自持ち」など)が記載されています。

それぞれですが、多いのは「カメラ使えればok」「交通費のみ自持ち」ってパターン。

場合によってはタダでスタジオとか照明が使えたりするので結構いい。

 

相当数投稿されているので比較的予定も合わせやすいです。

 

メリット:人間、募集数が多い、自己負担が少ない、相手も撮られることにモチベーションがある、スタジオで撮れる

デメリット:連絡がちょっと面倒臭い(猫に比べて)、探すのが手間、撮影は大抵丸一日潰れる

 

こんな感じ。 

twitter.com

 

③ランサーズで撮影案件を受注する

これは、手続きとか多少面倒ですが、撮影できる上にお金ももらえます。

 

ランサーズって何?って方は、多分見てもらった方が早いです。

www.lancers.jp

こんな感じで、ちっちゃいお仕事依頼がたくさん掲載されていて、その中に撮影の案件もあります。

 

プロじゃなくてもお金もらえるの?とか、仕事で練習なんて不謹慎だって声が飛んできそうですが、クラウドソーシングでは、たとえ素人でも予算とクオリティが釣り合えば、一定数の需要があります。

 

私は、「技術の向上が目的なので、報酬は交通費だけで結構です」と言って片っ端から応募してました。

実際、返信はだいたい返ってくるし、案件も受注できるし、報酬も本当に交通費だけってことは少ないです。

 

あと、「案件に合うレンズがない」と言ったら貸してくれたり、「照明の経験はない」と言っても撮影させてくれたり、「撮影任せるのは無理だけど」って撮影現場を見学させてくれたり、色々と貴重な体験をさせてもらいました。

個人的には結構好きなんですが、お金が絡む分気軽にはできないのと、ビジネス的なやりとりがちょっと面倒ではあります。

 

メリット:お金までもらえる、色々貴重な体験ができる

デメリット:連絡は結構面倒臭い、合う案件が見つかるとは限らない

 

こんな感じですね。

あと、やったことないけどめっちゃ高いが綺麗なモデルさんが撮れる「撮影会」とか、道端で声かけて撮るとかいろいろあるみたいですね。

 

ランサーズのあれこれについては、また追い追い詳しく書いてみようかと思います。 

では、おやすみなさい。